松本零士がプロデュースしたクルーズ船「HOTALUNA」で船上パーティ

先日、MMORPG「グラナド・エスパダ」のサービスイン8周年を祝うオフラインイベントが開催。船上パーティーの模様がレポートされている。
002003
「ホタルナ」は、シルバー・メタリックの流線形の船ボディにガルウィングの扉を搭載した新型旅客船。

デザインを手がけた松本零士先生が名づけ親である船名のホタルナは、“月が輝く夜に神秘な輝きを放つ蛍が隅田川を舞う”ホタルとルナ(月の女神 /LUNA <ラテン語> )「ホタル月」という、新たなる旅立ちとして松本零士先生の思いが込められている。

夏の日差しの中、松本零士先生の思いが込められている「ホタルナ」で水上散歩も悪くはないだろう。

■ソースはこちら(4Gamer.net)
■「ホタルナ」詳細はこちら