アニメと工芸のコラボレーション 松本零士×愛媛の職人 展 開催中!

12107234_515285331962813_880190438053401902_n12122683_515285338629479_7928464255145238666_n

愛媛は松本零士先生の故郷でもあり、「銀河鉄道999」の機関車が星空に飛び立つあの有名なシーンに出てくる景色は、小さな頃に見た県内大洲市の新谷の風景をモチーフにしたとも言われています。
そこで、愛媛の素材や技術を広くPRすることをテーマに活動しているTAKUMUとリンクウッドデザインが中心となり、「松本零士×愛媛の職人 展」を開催する運びとなりました。
松本零士先生によるキャラクターがあしらわれた愛媛産のヒノキ製カードや工芸品の大洲和紙のポストカードなどが並びます。その他、ジュエリーのオーダーメイドブランド「ケイ・ウノ」のリングなど、新たな愛媛のモノづくりをご紹介しています。

■ TAKUMU 概要
愛媛県内の異業種コラボレーションによる若手職人グループ。
愛媛ならではの素材や技術を活かし、広く全国にPRするために2013年から活動をスタートした。発起人であるLINK WOOD DESIGNは木工を担当。
その他、和紙、鉄工、砥部焼、菊間瓦など特色ある作り手がメンバーに在籍している。

会期:2015年10月1日(木)~2015年10月13日(火)入場無料
主催:TAKUMU、LINK WOOD DESIGN
協力:Japan creation space monova
会場:monova gallery(新宿区西新宿3-7-1 リビングデザインセンターOZONE4階 Japan creation space monova)

リビングデザインセンターOZONE
松本零士×愛媛の職人 展